批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画「マッドマックス 怒りのデスロード」

本年最高の洋画(9月時点で)

f:id:kudasai:20150909172744j:plain

物語)

資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む・・・

 

前作『マッドマックス/サンダードーム』以来、27年ぶりに製作された『マッドマックス』シリーズの第4作

f:id:kudasai:20150909173352p:plain

核兵器を用いた大量殺戮戦争を勃発させ、環境は汚染、生存者は物資と資源を武力で奪い合い、文明社会が壊滅した世界・・・

人間の姿をしているが、心のない為政者イモータン・ジョーと軍隊と

自由を求める抵抗者(全員女性)の勝ち目のない戦いに

巻き込まれた元警官マックスのサバイバルドラマ

 

大スクリーンで見るべき活劇の楽しさを再発見させてくれた。

スタートからアクセル全開のクライマックス感。

舞台は砂漠なので、カーチェイスの殺しあい。

「逃亡と追跡」劇を2時間以上見せられる。

(途中おばあさん達による癒しの時間が入るが)

 

f:id:kudasai:20150909180218j:plain

 

最近の映画は洋画邦画問わずセリフが多い。

キャラ立てか、伏線張り(ラストでどんでん返し)か、意味不明かの

3パターンのどれかをやってしまい、夜9時のホームドラマみたいで

そんなものは映画館で1800円に値しない。

 

さすがジョージ・ミラー

役者に最低限のセルフしか与えず

第1作の原点に返って、サイレントの力強さで、映像で見せる。

余計なものがない潔さがクリント・イーストウッドに似ている。

何にもない砂漠が美しい。

 

f:id:kudasai:20150909180243j:plain

車の上で左右に揺れるサーカス軍団と

巨大スピーカーのギター男

壊れた世界をその存在で見せる。

スピード、アクション、サスペンス、

ハリウッドバカ映画(アメリカンコミックの映画化など)とは一線を画し

映画作家の一貫した2時間の世界観=ジョージ・ミラー70歳の妄想を

われらの妄想に映像で変えてみせた。

そのエネルギーがスクリーンから伝わったのだから心揺さぶらずにはおかない。

脱帽し、感服し、落涙する。

 

こういう作品を日本人の手で作れる日が来るのだろうか?

鳥取砂丘で大カーチェイスとか・・・無理だな。

狩猟民族のDNAがないとね。

 

f:id:kudasai:20150909181925j:plain

 

この4作目を新たなサーガ1作目として、マッドマックス5、6が公開される。

デズニー製作のスターなんとか3部作はどうでもいいが

こちらは見ないと気が済まない。

 

100点