批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画「ライフ」のB級SFの快作!レベッカ・ファーガソン、ジェイク・ギレンホール、真田広之 監督:ダニエル・エスピノーサ リドリー・スコットの名作「エイリアン」スピンオフと思いきや、飛行士の使命感と人間性に焦点をあてた大ドンデン返しがお見事。

真夏日が続く暑い夜はホラーに限る。
いつものど田舎シネコンに向かうと、夏休み前の3連休の初日

おそらくジブリ出身監督のアニメ目当てであろう

チビッ子とファミリーでごった返す中一人ホラースクリーンに向かう快感。

f:id:kudasai:20170716183130j:plain

あらすじ)

火星探査機を回収する任務を受けた国際宇宙ステーション(ISS)チームは6人。

探査機が持ち帰ったカプセルには火星から採取した土壌サンプルの中に未知の細胞があることを発見する。

生物学者のヒュー博士は細胞を冬眠から復活させることに成功

人類初の「地球外生命体」を発見に世界が興奮し「カルバン」と名付けられた。

 ある日、実験室から気体が漏れる事故が発生、急激な空気成分の変化で再び冬眠に入ってしまう。

汚名を挽回しようとヒューは電気ショックを加えた瞬間「カルバン」は凶暴化、ヒューに襲い掛かる・・・

 

船長のレベッカ・ファーガソンはトム・クルーズの「何とかポッシブル」に出ているようだが主演作は初めて見る。

知的な雰囲気とリーダーシップ発揮できそうな力強い発言力でチームの信頼を集める。

f:id:kudasai:20170716183645j:plain

 

遂に不倫記者会見をした渡辺謙と並んで

「ラストサムライ」の一人、本物の侍の趣きの真田が実に人間味ある

寡黙で知性的、落ち着いたエンジニアを演じている。

これが日本人として嬉しい。

さすがアクションスターのDNAで誰よりも船内を素早く移動する。

ワイヤーワークで皆んなに教えたらしい。

f:id:kudasai:20170716183907j:plain

 

そしてハリウッドに生きる曲者NO1のジェイク・ギレンホール

初めて見たデヴィッド・フィンチャーの一級サスペンス映画「ゾデアック」のマンガ家、映画「プリズナーズ」の変わった刑事・・・など何かに取り憑かれた様な市井の市民を演じさせたら右に出る者が無い。

 

地球に絶望するひねくれ者の宇宙飛行士役は、何かやらかす匂いがプンプンする。

これらキャスティングが抜群。

f:id:kudasai:20170716184734j:plain

冒頭の探査機を回収シーンからサスペンスの盛り上げがうまいな。

宇宙船SF映画の最近のリアル感は凄いね。

(この為に、エンドタイトルで数百人のCG関係の名簿を長々と見せられるけれど)

信頼しきった6人に、最初は歓迎されていた生物が一人、また一人と人間を襲い食べていく。

どうして知性を持って宇宙船内を高速で動けるのか?
どうして宇宙空間で生きていけるのか?

疑問を持つ時間を与えないくらいのジェットコースターホラーでラストシーンの「猿の惑星」級のエンドに持っていく。

これこれ。
このSFホラーB級大作が真夏の夜にぴったりだよ。

ありがとう。


小難しいリドリー・スコットの「プロメテウス」とかより、よっぽど潔くスッキリして、「映画は見世物」という50年代SF映画創世記に戻ったような楽しさに包まれる。

 

ジェイク・ギレンホールが全部持っていく。

この夏最高の1本だ。

 

90点

松居一代SNS劇場★脚本家大宮エリーや宮根誠司ら巻き込む。船越英一郎の個人情報と不倫暴露。YouTubeに続きTwitterで攻撃開始!精神疾患の妄想か?ブログのデスノートとは?息子は無事か?レベル石原真理子に近ずくか?

 

続々アップされる動画で、第三者の名前を(おそらく勝手に)出して巻き込んでいく手法は酷いな。


SNSを駆使した松居一代劇場が始まっている。
ワイドショーが取り上げるので必然的に一方的な愛憎劇を見せられる。
しかも無料ときたもんだ。

 

f:id:kudasai:20170705113450p:plain

 

主演、脚本、撮影、監督=松居一代

 

彼女のSNSを整理する。

 

旧ブログ(2016年で終了するも公開中)

 

[ 主婦 ] 松居 一代 ブログ -船越家の毎日-

 

アメブロのブログ(ここが主戦場と思われる)

 

ameblo.jp

 

ブログを見る限り神様は現れても、宇宙との会話は無いので

80年代美少女界に現れた石原真理子程は壊れてはいないようだ。

 

今日(7月4日)からスタートしたYouTube動画

離婚調停中らしいのでこの動画が裁判所の心象と

今後の彼女の芸能界でのポジションにとても不利に働くと思うが

 

この異常で、異様で、異次元の松居の一人芝居は一見に値する。

 

 

第1弾 週刊文春遍


松居一代、週刊文春にだまされた

 

7月4日 公式ツイッターを開設

松居一代 (@kazuyo_official) on Twitter

 

夫の船越英一郎は2時間ドラマの帝王と言われ
NHK初の芸能ネタなしのワイドショーMCを月曜から金曜まで務める。

f:id:kudasai:20170705110236j:plain

www4.nhk.or.jp

 

 

おそらく午後2時は民放で松居

NHKで船越の夫婦独占間違いなし。

 

松居さんが何者かは書籍を見て初めて知った。

 開運屋? お掃除の人? 凄腕のディーラー?

松居一代の開運生活

松居一代の開運生活

 

彼女は私が好きだった映画に出ていたことが判明。

山崎努の愛人として身体を売る役


マルサの女 ー 伊丹 十三

 

こちらも、誰でも身体を売る役


肉体の門・予告編〜かたせ梨乃

 

伊丹十三も五社英雄も松居の戦闘能力を見抜いていたのか? 

 

無料のSNS使って夫婦間の一方通行の情報拡散も

国民には何の関係も無いことだけど

 

問題はこれが

ドキュメンタリーなのか? 妄想なのか?さっぱりわからない。

 

わからないが、この人が確信犯であろうことはわかる。

決めたことはやる。
普通の人がやらないことでも自分の信念でやる。
法は関係ない、と。

 

f:id:kudasai:20170705113659j:plain

アメリカ映画「危険な情事」のグレン・クローズの匂いがする。

誰かを傷つけないことには決して収まらない

 

繰り返し繰り返し放送されると見ている心情も変わってくる人が出てくる。

変な人がそうでなくなったり、過激な人が当たり前に思えたり。

 

f:id:kudasai:20170708095742j:plain

 

現在でもニコ生のライブ放送している人たちが

主に10代20代でごく少数いるにはいるが

今後、常識ある30〜60代くらいで

SNS使って夫婦間、親子間、パートナー間のトラブルを

どんどん発信する風潮が現れるだろう。

 

エッジの効いた人は批判されやすいが

有名人がこれやると一部には支持しカリスマ、教祖になりうるので怖い。

主張は賛成しないが、手法は頂くと。

 

松居はこの騒動を利用して何かを狙っていると考えた方が自然だ。

 

f:id:kudasai:20170708095712j:plain

 

そうでない(別の目的がない)としたら

例え法的に決着しても

誰にでもある鬱期に入って突然怒りがフラッシュバック

 

許せなくなって・・

元夫か、子供か、文春関係者か、全く関係の無い第三者か・・・自分自身か

動画の瞳の奥はそういう黒だった。

 
先の読めないドラマは数ある中で(ドラマなら殺人も爆死もありだが)
元家族の着地点が2時間ドラマの悲劇にならないことを祈るばかりだ。

 

 

映画「22年目の告白~私が殺人犯です」藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、平田満、岩松了 監督:入江悠

6回見ると1回サービスという東宝の囲い込み作戦に初めて乗ってみた。

どうも藤原竜也という人がつかみどころがなくて共感しにくいタイプなのだが他に見るラインナップではなかった。

九州の海辺のショッピングセンター併設のシネコン平日夜9時

20人くらいかな。

f:id:kudasai:20170705000839j:plain

あらすじ)

阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした時代に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ、目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させる…そのルールで行われた残忍な犯行は、世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、犯人を追い詰めるものの、狡猾な犯人の罠によって敬愛する上司が殺されてしまう。そして犯人は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。

f:id:kudasai:20170705004809p:plain

22年後のある日。一冊の本が日本中を震撼させる。タイトルは「私が殺人犯です」。それは、あの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNSにより時の人になっていく殺人犯。

いきなり1995年、阪神大震災のニュース映像からスタート。時代の変遷と共にSNSの文字処理が・・・こういう処理が最近は洋の東西問わず多い。わかりやすいんだろうけど字を追っていくのがちとつらい。”文字を大きくしろ”と言いたい。

f:id:kudasai:20170705001555j:plain

伊藤英明が中年のワイルド感がいい味になってきた。

上司を殺された一匹狼でいつもいらだっている。

ジャニーズとかエグザイル系の若い俳優らが大芝居するが如何せん存在感がない。

ゼロ。見ているとこっちの間が持たない。

伊藤は体脂肪を適度につけることとセリフをしゃべり過ぎないことで

「48時間」のニック・ノルティに似てきた。

もっと黒沢映画の三船敏郎みたいなギラギラして欲しいね。
それに比べて藤原竜也がなんか変だ。

22年前に5人殺した殺人者に1ミリも見えない。

彼に悪意はないが、永遠の子供顔がね。
ミスキャストだと思う。

f:id:kudasai:20170705004013j:plain

大好きな夏帆が父を殺された遺族として野放しの犯人へのやりきれなさを表現。

石橋杏奈が絞殺されるリアル感があり過ぎてうまいな。

平田満が伊藤の教育係(黒沢映画の志村的な)で、岩松と共に脇を固めて伊藤と藤原を助けるが、藤原が一人とっても違う感じに終始する。

 

物語は刑事、ミスマッチ藤原、メディアに利用したいニュースキャスターと新たな動画投稿者との4つ巴のゲームがあって、生番組内で暴露の山があって・・・

伊藤には共感するが藤原にはない。

せめてハンニバル・レクターの知性とかセックスアピールが欲しいが・・ない。

 

絞殺シーンが随所に沢山あってこれが結構後にひくな。
こういうのは金払ってまで見たくない。

 

随所のカメラとその撮った映像が陰の主役で、時の経過のタイムラプス処理が良かった。デヴィッド・フィンチャーのゾディアック Zodiac (2007年)と双璧かもね。

 

主役がミスキャストでどうするよ。

 

30点

 

中島史恵(なかじまふみえ)が49歳グラビア写真集「NOW and ALL」、DVD「49」で美熟女界NO1ボディを見せびらかせている

シェイプアップガールズ(正式にはUP)をご存じだろうか?

女性4人で歌って踊れて写真集やイベント、Vシネとか所属するオスカーの節操のないブッキングで何でもやっていた90年代を代表するグラビア界のハイエナ(例えは良くないが)だ。

 

4人の中でもっとも幅広く活躍するのが中島

生年月日 1968年6月14日

身長 170 cm  88 - 60 - 89 股下 83 cm

既婚で子供はいない。

f:id:kudasai:20170626005510j:plain

日本人離れしたスタイルの美しさが

他の追随を許さない。

顔は大和撫子なのでその和洋折衷さが素晴らしい。

 

若い(33歳)時から不思議な色気があった。

THIRTY,THREE―中島史恵写真集

THIRTY,THREE―中島史恵写真集

 

 


中島史惠 Naiad 01

 

数多くの写真集を出しているが、今月49歳の美肌を見せてくれる。

写真集「NOW and ALL」

f:id:kudasai:20170626005430j:plain

中島史恵 写真集 『 NOW and ALL 』

 商品詳細はクリック ↑ 

 

また来月にはDVD動画の「49」を発売する。

f:id:kudasai:20170626005500j:plain

中島史恵/49ヨンキュー (ハート) ~natural~ [DVD]

 商品詳細はクリック 

 

女優、YOGA講師、エアロビ講師、地方テレビのMC、旅・温泉リポーター、服プロデユース、スポーツ運営会社社長などなど、オスカーがブッキングするどんなプロジェクトにも笑顔で立ち向かう企業の多角化戦略最強のビジネスタレントだ。

 

今回は10年ぶりにグラビアでハワイでさらに磨きのかかった美ボディを見せつける。

f:id:kudasai:20170626005439j:plain

 

どうしたらこんな姿になれるのか?

来年50だよ。

もしかしたら更年期障害でもおかしくない。

 

それがビキニで腰くびれ・・・

 

f:id:kudasai:20170626005414j:plain

 

彼女こそ美熟女界がもしあれば文句なく女王だ。

70歳になるまで毎年、写真集を出して欲しい。

 

f:id:kudasai:20170626005405j:plain

 

 

年齢に対抗するCM、記事、宣伝ばかりで閉口する。

歳相応でいいではないか?

 

彼女はタレントで体が資本なので金をかけているのだろうが

メディアで拝見する分では実にナチュラルで朗らかな女性だ。

日本女性が手の届くロールモデルだ。

 

AV女優以外の初めての50オーバー初のグラビア熟女になれる。

 

中島史恵 写真集 『 NOW and ALL 』

中島史恵 写真集 『 NOW and ALL 』

 

  

中島史恵/49ヨンキュー (ハート) ~natural~ [DVD]

中島史恵/49ヨンキュー (ハート) ~natural~ [DVD]

 

 

 

 

映画「昼顔」(上戸彩・斎藤工・伊藤歩 監督:西谷弘)不倫映画のくせに元妻感無さ過ぎで、せめてドヌーブの脱ぎっぷりもなく、何ら見せ場の無い凡庸さにあ然。

この映画の予告編が海辺の夏のシーンが良かったので

上戸彩に、嫌な予感しつつも日曜の夜8時
九州のど田舎映画館に出かける。

客は8人。実に見やすい。

f:id:kudasai:20170625230452j:plain

3年前のTVドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」は面白かった。
11話の尺が2組の夫婦4人の日常を描きだしていた。

 

映画はその続編となり、監督もフジ社員監督の西谷だ。

ということは、映画「真夏の方程式」だし、まさか凡庸ではないだろう。

f:id:kudasai:20170625231245j:plain

あらすじ)

かつて、お互い既婚者でありながらも愛し合った、笹本紗和(上戸彩)と北野裕一郎(斉藤工)

3年後、離婚して1人になった紗和は、杉崎尚人(平山浩行)が経営する店でアルバイトしながら、海辺の町で質素な生活をしていた。

  そんな中、北野は大学の非常勤講師として働いていたのが、ある街で「講演」をすることに。 そして紗和との禁断の再会が始まる。

 逢瀬を重ねるようになっていくが北野の嫁(伊藤歩)に見つかり・・・

f:id:kudasai:20170625231824j:plain

まず特筆すべきは上戸彩の元妻感の無さだ。

ドラマでの脇との絡みで感じなかったか、今回は一人芝居も多く、生活感、やさぐれ感など女の影をそこはことなく見せないといけない。が、見事にない。

修羅場をくぐったものが持つ重さが見えない。
せっかくの見事な乳房を武器に使うこともなく、映画ファンをなめているとしか思えない。

セクシーじゃないから大人の女と感じられない。

これが決定的に正しくない。

f:id:kudasai:20170625232750j:plain

一方の斎藤は理科系の世事に疎い、感情を抑えた、オタク気質を普通に演じている。

伊藤歩もドラマ同様、憎まれ脇役としていい演技だった。

 

この2人と絡む時には、上戸はよりましになるが

一人芝居が学芸会で、見ているとつらい。

スクリーンの主役が魅力がないんだから、共感はない。

f:id:kudasai:20170625233408j:plain

50年前にフランスの名花カトリーヌ・ドヌーブは人妻感満開だった。

監督は映画史にその名を残すシュールリアリストで映画青年なら知らないといけないルイス=ブニュエル。

 

上戸はTVよりもコードが緩い(R15指定とかできるのに)

映画だからこそ、いい御嬢さんキャラを脱ぎ捨て本物の女優に脱皮できたものを。

 


Belle de jour - Bella de día - Luis Buñuel (1967) - trailer - razones para verla

 

所属プロダクションのオスカーにとっては例年、CM女王の上戸の急激な路線変更はドラマが好評だったとはいえ、米倉涼子と唯一無二の2トップであれば、そこはスポンサー離れを恐れ、脚本家井上とフジとの了解事項であるとの推測は業界にいなくとも察しがつく。

 

f:id:kudasai:20170626002156j:plain

上戸は一流のCMタレントで、女優ではないのだ。

周囲がさせないのだろう。

 

演出上の出来損ないぶりは上戸以上にひどい。

随所に登場人物に主観が余りにストレートで学生映画を見せられているような気がする。BGMのつけ方が雑で、シーンの邪魔ばかりする。

 

クライマックスがひどかった。

 

信号機をホタルの光に重ね、甘い思い出から線路上で勝手に倒れほふく前進

やってくる通過列車とのサスペンスで何を描きたいのか?

鉄道会社に恨みでもあるのかな?

全く意味不明

 

満点の星空を使った悲劇のヒロインもどき一人学芸会はもはや失笑しかない。

 

「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇だ」

喜劇王チャップリンの名言だけど

 

この映画は、悲劇でも喜劇でもなく失笑劇という新たなステージに

客を置き去りにする。

  

意図したのならまだ許せる。

結果のこれは犯罪だ。

 

さらに謎のラスト
ホタル探しの子供に婚約指輪を発見させて何を言いたいのか?

 

脚本家と監督の2人でやりたい放題に付き合わされる観客の不幸

シン・ゴジラ制作した市川南がいてこうなるとはね。

 

東宝は大ヒット連発でブッチギリNO1で浮かれてると

いつか痛い目に合うな。

f:id:kudasai:20170625233116j:plain

 

官能も描けず、社会派でもなく、主人公に共感もなく

ドラマのつまらない続編を金払って見せられる

観客にとっては「真夏のバカ方程式」だ。

 

「昼顔」などと50年前の名画を名乗るなら

せめてスクリーンでリメークするのならば

(有名とか無名でなく)ドヌーブ級の一流の俳優、脚本家、演出家とやらないと

失笑されて(客にバカにされる)誰もが不幸になる。

 

日本映画の悪しき典型のような 

 

映画、わが自由の幻想

映画、わが自由の幻想

 

 

10点(共演者に罪はないので)

 

前回告知した映画「美しい星」はいつの間にか終わってしまいました。

田舎の映画館も回転が速いです。スイマセン。

 

 

 

【追悼と感謝】野際陽子★昭和ドラマ最高の女優はアクションからシリアスまで知性あるヨーロッパのセクシーさを見せてくれた!

70年代のテレビドラマと言えば

サスペンス&セクシー部門は何と言っても土曜の「キイハンター」と

シリアス部門では金曜の「岸辺のアルバム」
共にTBS(後日まとめる)

 

f:id:kudasai:20170617110730j:plain

 

丹波をリーダーとするスパイ組織がさまざまな敵をやっつける。

 

f:id:kudasai:20170617111527j:plain


子供の私は何と言っても野際陽子のカッコ良さに惚れた。

元夫の千葉真一のスタントマンなしアクションもすごかった。

 

f:id:kudasai:20170617111554j:plain

あの鋭い眼差し、長い手足

知性的な声、頭の回転の速さ


●非情のライセンス~野際陽子

 セリフがまた都会的なんだな。

 

f:id:kudasai:20170617111607j:plain

日本女性なんだけどアメリカじゃないヨーロッパの香りだ。

いまでもヨーロッパ映画が好きなのこともこの野際陽子の存在が大きい。

 

f:id:kudasai:20170617111329j:plain

ドラマのテンポの速くてトイレにも行けないスピードで誰かが殺されあっという間に解決される。

 

セクシー路線は30代で終え、その後も「冬彦の母」「月影先生」
「温泉マル秘」「弁護士なんとか」など様々なドラマに出演する。


土曜ワイド劇場「温泉㊙大作戦⑱」

 

声優にもエイリアン(フジTV版)でシガーニー・ウィーバー役で緊迫感が伝わってくる。


【エイリアン 製作35周年 H.R.ギーガー追悼】日本語吹替収録ブルーレイ 

 

そんな彼女が逝ってしまった。

 

昭和を代表する女優は大原麗子とかたくさんいたけど

個人的に、70年代初めから約40年間ものすごく楽しませてもらった。

 

シリーズものの出演が多いのでたぶん1000本以上のドラマは確実に見ている。

最も見てきた女優のトップ3に確実に入る。

 

以下の様にゲスト出演もあるのでもっとかな。


七人の女弁護士 1993 第3シリーズ #01


野際陽子の知性あるカッコ良さを今の女優やタレント、モデルに学んで欲しい。

 

ハッとする美しさ。

自立した都会に生きる女性の強さ、狡さ、そして優しさ。

女性の持つ全部を40年かけて表現されて。

 

本当に感謝しかない。

ジャワカレーを食べる時は思いだそう。

 


千葉真一と ハウス ジャワカレー

 

 

 

本年度最高の1本★映画「メッセージ」2回目完全ネタバレ解説(過去と思わせる未来は反則か?)

公開初日で見た「メッセージ」がこれまでのところ今年見たNo1だ。

ムビチケをラジオ局から頂いたので日曜18時
九州の田舎のイオン内シネコンで6人くらいで見る。

 

初回では細かすぎて見落としていたものが多々あったので
セリフの隅々までしっかり見ることができるのが2回目以降だ。

 

f:id:kudasai:20170612005024j:plain


冒頭、主人公の言語学者ルイーズが娘を病気で失うシーンで始まる。

父親は出てこないのでシングルマザーなのかも知れない。

一人で娘と生きている共感が醸成される。

この娘とのシーンをAとする。

 

大学の授業中にUFOが降りてきてエイリアンとの

コミュニケーションを軍人らと一緒に調査分析していく。

 

 「彼らはどこから来て、目的は何なのか?」


この現在進行形がBだ。

随所にAが割り込んでくる。
最初はこのイメージが彼らの言葉を解析する手がかりになるのだろうと
思っているとAは実は過去ではなく、未来だとわかってくる。

つまりこの時点で、ルイーズは母ではなく夫もいないのだ。
このプロジェクトで出会うのだ。

彼らは3000年後に地球に救ってもらう為にやってきた。
今から地球人とコミュニケーションをスタートしたいと。

駅前留学みたいなものか?
彼ら自身も予知能力があるのだ。

 

中国チームの攻撃を阻止したいルイーズは

ここから超能力を活かす。

(この辺りはかなり強引でご都合主義だが)

 

エイリアンは彼女の予知能力を見抜き開花させ
攻撃を中止させUFOは去っていく。

 

ルイーズは数々のイメージから
彼女が結婚し、娘を産み、病気で死ぬとわかった上で
夫と生きていく決心をするところで映画は終わる。

 
この映画はエイリアンとの遭遇を表のテーマにしながらも
能力の開花、夫との出会い、一時の幸福と、夫や子供との別れを
わかった上で受け入れる女性の数奇な生き方が裏のテーマに描いている。

 

f:id:kudasai:20170612005105j:plain

構成上、Bからスタートして、Aが出てくるのなら
ルイーズの1人称の心象風景なので問題ない。

何故かはわからないが、子供と遊んでいるイメージが現れる
のは納得できる。幻影で処理できる。

 

しかしAが先にある。
全編ルイーズ主観なのに

この冒頭はいったい何なんだと言いたくなる向きもあるだろう。

f:id:kudasai:20170612005145j:plain

ここが監督のマジックだ。
ルイーズを悲劇の主人公にすると同時に亡くなる子供との幸福を見せる。

プロジェクトが始まってからではこの悲劇を挿入すべきタイミングがない。
リズムも感傷も別の種類だ。

スリードと言われてもここしかない。

冒頭でいれるとラストまでの時間差があり有効に効いてくる。

その才能が只者ではない。 

 

唯一の欠点は、彼女の過去は実のところ描かれていない。
どんな人生を送り、価値観を持っているのか?

そこは、Aを入れたが為にないのだろう。

 

そんなテクニックの話よりも 

彼女は子供の命を弄んだのか?
あなたならどうする?

そんな根源への問いかけがこの映画の素晴らしさだ。

 

SF映画の体をとりながら最も身近な家族の命とその選択を描いたのだ。

いい映画はそういうもんだ。

恋愛映画であろうとなかろうと
サスペンスでもホラーでもSFでも
ラストシーンでは人の生き方に関わる重いものを描いてくれる。

  

次回は、我らがリリー・フランキーの「美しい星」予定