批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

2015年5月~7月までに見た映画寸評

4月)

・バードマン 70点

f:id:kudasai:20150908113843j:plain

 

アカデミー作品賞を取った映画は何となく見ている。

ニューヨークの演劇人のリアルさがよくわかる。

「物を作る人の妄想」がわかりやすい。

初代バットマン役者のマイケル・キートンよりも

脇役で主役を凌駕するエドワード・ノートンの切れ味がいい。

こういう感じでSFXを控えめに使ってくれるとうれしい。

 

・龍三と七人の子分たち (北野武)70点

f:id:kudasai:20150908114831p:plain

北野映画は何を見ても面白い。

日本のシニア役者が生き生きとしててうまい。

安心して見ていられる。

ラスト30分で寝てしまう大失態でよく覚えていない。

 

5月)

イニシエーション・ラブ (堤幸彦) 60点

f:id:kudasai:20150908115112j:plain

原作が面白かった記憶があった。

(幸いなことに記憶がないので助かった)

1分も見逃すまいとするとかなり疲れる。

よく出来ているが、過去に戻ったりがいそがしくて頭の体操になる。

木村文乃がいちばんの好演。

2回は別に見たくない。

 

7月)

ターミネーター:新機動 ジェニシス 70点

f:id:kudasai:20150908120109j:plain

 

第一作の面白さがまたあるんではないか?と付き合っているが

シュワルツネッガーがでると画面がしまる。

最初の30分で飽きてしまった。

伏線が多すぎて疲れる。

ハリウッド大作は途中でよく寝ないで

今回は最後まで見てはいたが何かよくわからない。

物語とか演技とか見る映画ではなくてSFXの出来上がりだしね。

6月にUSJで見た「ターミネーター」館の方が4Dで楽しかった。

何の感想もない。