批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画「22年目の告白~私が殺人犯です」藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、平田満、岩松了 監督:入江悠

6回見ると1回サービスという東宝の囲い込み作戦に初めて乗ってみた。

どうも藤原竜也という人がつかみどころがなくて共感しにくいタイプなのだが他に見るラインナップではなかった。

九州の海辺のショッピングセンター併設のシネコン平日夜9時

20人くらいかな。

f:id:kudasai:20170705000839j:plain

あらすじ)

阪神大震災、地下鉄サリン事件…混沌とした時代に起きた5件の連続殺人事件。被害者に近しい者に殺人の瞬間を見せつけ、目撃者をあえて殺さずに犯行をメディアに証言させる…そのルールで行われた残忍な犯行は、世間の注目を浴びた。事件を担当する刑事の牧村は、犯人を追い詰めるものの、狡猾な犯人の罠によって敬愛する上司が殺されてしまう。そして犯人は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えてしまうのだった。

f:id:kudasai:20170705004809p:plain

22年後のある日。一冊の本が日本中を震撼させる。タイトルは「私が殺人犯です」。それは、あの事件の犯人と名乗る男が書き綴った殺人手記。出版記念会見に現れたのは、曾根崎と名乗る妖艶な男だった。過熱するマスコミ報道、SNSにより時の人になっていく殺人犯。

いきなり1995年、阪神大震災のニュース映像からスタート。時代の変遷と共にSNSの文字処理が・・・こういう処理が最近は洋の東西問わず多い。わかりやすいんだろうけど字を追っていくのがちとつらい。”文字を大きくしろ”と言いたい。

f:id:kudasai:20170705001555j:plain

伊藤英明が中年のワイルド感がいい味になってきた。

上司を殺された一匹狼でいつもいらだっている。

ジャニーズとかエグザイル系の若い俳優らが大芝居するが如何せん存在感がない。

ゼロ。見ているとこっちの間が持たない。

伊藤は体脂肪を適度につけることとセリフをしゃべり過ぎないことで

「48時間」のニック・ノルティに似てきた。

もっと黒沢映画の三船敏郎みたいなギラギラして欲しいね。
それに比べて藤原竜也がなんか変だ。

22年前に5人殺した殺人者に1ミリも見えない。

彼に悪意はないが、永遠の子供顔がね。
ミスキャストだと思う。

f:id:kudasai:20170705004013j:plain

大好きな夏帆が父を殺された遺族として野放しの犯人へのやりきれなさを表現。

石橋杏奈が絞殺されるリアル感があり過ぎてうまいな。

平田満が伊藤の教育係(黒沢映画の志村的な)で、岩松と共に脇を固めて伊藤と藤原を助けるが、藤原が一人とっても違う感じに終始する。

 

物語は刑事、ミスマッチ藤原、メディアに利用したいニュースキャスターと新たな動画投稿者との4つ巴のゲームがあって、生番組内で暴露の山があって・・・

伊藤には共感するが藤原にはない。

せめてハンニバル・レクターの知性とかセックスアピールが欲しいが・・ない。

 

絞殺シーンが随所に沢山あってこれが結構後にひくな。
こういうのは金払ってまで見たくない。

 

随所のカメラとその撮った映像が陰の主役で、時の経過のタイムラプス処理が良かった。デヴィッド・フィンチャーのゾディアック Zodiac (2007年)と双璧かもね。

 

主役がミスキャストでどうするよ。

 

30点