批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

【追悼と感謝】野際陽子★昭和ドラマ最高の女優はアクションからシリアスまで知性あるヨーロッパのセクシーさを見せてくれた!

70年代のテレビドラマと言えば

サスペンス&セクシー部門は何と言っても土曜の「キイハンター」と

シリアス部門では金曜の「岸辺のアルバム」
共にTBS(後日まとめる)

 

f:id:kudasai:20170617110730j:plain

 

丹波をリーダーとするスパイ組織がさまざまな敵をやっつける。

 

f:id:kudasai:20170617111527j:plain


子供の私は何と言っても野際陽子のカッコ良さに惚れた。

元夫の千葉真一のスタントマンなしアクションもすごかった。

 

f:id:kudasai:20170617111554j:plain

あの鋭い眼差し、長い手足

知性的な声、頭の回転の速さ


●非情のライセンス~野際陽子

 セリフがまた都会的なんだな。

 

f:id:kudasai:20170617111607j:plain

日本女性なんだけどアメリカじゃないヨーロッパの香りだ。

いまでもヨーロッパ映画が好きなのこともこの野際陽子の存在が大きい。

 

f:id:kudasai:20170617111329j:plain

ドラマのテンポの速くてトイレにも行けないスピードで誰かが殺されあっという間に解決される。

 

セクシー路線は30代で終え、その後も「冬彦の母」「月影先生」
「温泉マル秘」「弁護士なんとか」など様々なドラマに出演する。


土曜ワイド劇場「温泉㊙大作戦⑱」

 

声優にもエイリアン(フジTV版)でシガーニー・ウィーバー役で緊迫感が伝わってくる。


【エイリアン 製作35周年 H.R.ギーガー追悼】日本語吹替収録ブルーレイ 

 

そんな彼女が逝ってしまった。

 

昭和を代表する女優は大原麗子とかたくさんいたけど

個人的に、70年代初めから約40年間ものすごく楽しませてもらった。

 

シリーズものの出演が多いのでたぶん1000本以上のドラマは確実に見ている。

最も見てきた女優のトップ3に確実に入る。

 

以下の様にゲスト出演もあるのでもっとかな。


七人の女弁護士 1993 第3シリーズ #01


野際陽子の知性あるカッコ良さを今の女優やタレント、モデルに学んで欲しい。

 

ハッとする美しさ。

自立した都会に生きる女性の強さ、狡さ、そして優しさ。

女性の持つ全部を40年かけて表現されて。

 

本当に感謝しかない。

ジャワカレーを食べる時は思いだそう。

 


千葉真一と ハウス ジャワカレー