読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画「キングコング 髑髏島の巨神」70年代時代背景の面白さとCGの出来の良さに比べ、雑な演出にガッカリ!トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ブリー・ラーソン

キングコング」関連作の日本公開はこれまで10本近くある。その話題作といえば

1933年(初代)



1976年(ジェシカ・ラング版とも言う)



2005年(ナオミ・キャンベル版)

 

 

1962年 東宝


キングコング 対 ゴジラ

 

B級感が異常に漂う忘れられた関連作もある。

1986年

「コングの復讐」

 

1933年


「コングの復讐」

初代の大ヒットを受けてパート2が大至急作られ同年公開という離れ業。

このやっつけ感が画面に強烈に漂う。

 

私の最高傑作は東宝版なのだ。

怪獣は着ぐるみの親しみやすさ、広告代理店キャラのC調感、時代背景の説明のさりげなさ、日本製を差し引いても、シナリオが一番良く出来上がっている。

アメリカ発のコングに、我らがゴジラを戦わさせる戦略は上等だ。

 

戦争で一回勝った国と怪獣をダシにして第二次太平洋戦争をスクリーンでやる。

 

そんな日米の映画史にとって大切なコングが久々に帰ってきたが・・・

f:id:kudasai:20170401163933j:plain

ベトナム戦争の最末期、調査隊と共に南太平洋の孤島に向かう海兵隊の戦士

これだけで「地獄の黙示録」の再来か、と期待値は上がる。

10台以上のヘリシーンは村を襲撃するキルゴアと重なる。

とんでもないことが始まるファンファーレとして秀逸だ。

f:id:kudasai:20170401164530j:plain

早速コング登場してヘリを叩き壊す。

見せすぎなのは訳がある。

続々出てくる巨大生物との戦いが待っているケツカッチンなのだ。

f:id:kudasai:20170401164729p:plain

CG処理は凄いな。リアルさは半端ない。

しかし、キャラ立ちがとにかく弱い。

 

部下思いのジャクソンにはエピソードがないので感情移入できない。

謎の男ジョン・グッドマンしかり、紅一点のカメラマン役もね。

怪獣どうしの戦いが映画のテーマなので感情が入らない。

 

どっちが勝っても、どう勝っても

「だから、何?」てなもんでね。

f:id:kudasai:20170401165244j:plain

島に1944年から唯一、日本兵と残されたアメリカ兵エピソードだけが救いだった。

 

最後はコングが勝つお約束なんだから人をきっちり描いておかないと、映画に乗れないとわかっているよね! と言いたい。

 

アメリカ版ゴジラの怪獣勝ち抜きリーグが来年公開で、2020年にコング VS ゴジラらしい。

 

とにかく死んでいく怪獣がかわいそうで、限りなく超B級大作に成り下がった残念シリーズを長期に渡って見せられる模様。

f:id:kudasai:20170401170005j:plain

 

50点