批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画「スノーデン」 監督:オリバー・ストーン 主演:ジョセフ・ゴードン=レビット、シャイリーン・ウッドリー 公開初日最速レビュー

トランプ合衆国になってしまったのでこれはぜひ見ておきたかった。

アメリカはまちがいなく世界最先端の科学技術国で世界初に事かかない。

電気も、電話も、飛行機も、月にも人を送ったり・・・最大の貢献の一つがインターネット開発と陰陽だと思う。

エドワード・スノーデンはやったことは、そのインターネット下の世界規模の監視・盗撮・盗聴の仕組みを告発した。

一方で開発しながら、一方で違法運用をする、為政者の体質を内部からあぶりだした。

21世紀最大の告発者だろうね。

f:id:kudasai:20170127235252j:plain

彼のおかげで、世界の先進国のリーダーはみんな盗聴され、市民も好き勝手に覗かれ、IT大手企業はみんな政府とグルと教えてくれた。

 

トランプに映画界で立ち向かうのは誰が考えても、マイケル・ムーアオリバー・ストーンだろうね。という訳で公開初日に見に行った。

f:id:kudasai:20170127235505j:plain

あらすじ)

2013年6月、イギリスのガーディアン誌が報じたスクープにより、アメリカ政府が秘密裏に構築した国際的監視プログラムの存在が発覚する。

ガーディアン誌にその情報を提供したのは、アメリカ国家安全保障局NSAの職員である29歳の青年エドワード・スノーデンだった。

国を愛する平凡な若者だったスノーデンが、なぜ輝かしいキャリアと幸せな人生を捨ててまで、世界最強の情報機関に反旗を翻すまでに至ったのか。

テロリストのみならず全世界の個人情報が監視されている事実に危機感を募らせていく過程を、パートナーとしてスノーデンを支え続けたリンゼイ・ミルズとの関係も交えながら描き出す。

f:id:kudasai:20170127235630j:plain

スノーデンが軍人の時から、彼の生きざまを細かに描く。

主役のジョセフ・ゴードン=レビットが意志薄弱で地に足がついてない感じだ。それに対して恋人は堂々の左派的で次第に大きな影響を受けていく。

f:id:kudasai:20170128000029j:plain

プラトーン」や「ウォール街」の強引さ、力強さはない。

カメラワークがなんか不思議だ。

恋する2人の出会いのシーンはめったに見れない前ボケ・後ボケの浅い被写界深度(パンフォーカスの反対)で映画学科の学生か?

f:id:kudasai:20170128000808j:plain

随所にカメラはパンフォーカスとボケを繰り返す。

盗聴・盗撮が裏テーマなので何か意図があるんだろうがよくわからん。

イーストウッドならこんな小細工は決してしない。

蛇足だね。

f:id:kudasai:20170128000655j:plain

彼の家族や友達は描かれない。

職場(CIA、NSAなど)と恋人しかでてこない。

2000年くらいから数年の違法な諜報機関の動きを告発する割にはサスペンスがない。ドラマチックな山場も特にない。

 淡々と主人公と恋人の苦悩を見せる。 

 

ケネディ暗殺シミュレーション映画「JFK」で軍の高官X(ドナルド・サザーランド)が語る畳みかける強引なオリバー妄想節の面白さを期待したが・・・それはない。

 

強引さとアクの強い主人公とで化学変化を起こし、プラスに働くがここでは完全封印した。

f:id:kudasai:20170128002610j:plain

 

本人はロシアで囚われの身だしね。生きねばならない。

狂気のトランプ政権が始まったばかりだし映画ではオリバーの主張を抑制したのか?

なんかお行儀がいい感じが否めない。

 

もしかすると、この映画が国際プロジェクトの第一弾かも知れない。

 

壁を作ろうとするトランプと、その壁を壊して外に出たスノーデン。

映画で再び脚光を浴びる。

4年以内に反トランプの機運からノーベル平和賞を彼に与えれば、国際社会は命を完全保障(トランプなら暗殺の大統領令出しそうだ)する。

次に反トランプ・民主党政権でロシアから帰国させ、収監しないで大統領恩赦で無罪にする。

そのことでトランプ狂気政権との違いを世界にアピール、アメリカ民主主義の復活などと勝利宣言でもするつもりだろう。

クリントン支持の多いハリウッドリベラル派なら容易に考えそうだ。

腐るほどシナリオライターはいるしね。

 

f:id:kudasai:20170128002619j:plain

 

民主主義の効かないプーチン帝国ロシアに守られて生きる、自由の国のアメリカ人スノーデン。彼の利益は数十億人に及ぶが、告発者は西側には来れない。

生きる矛盾。

 

 アメリカ政府からの、世界中の市民のプライバシー保護レベルを上げた、最大の功労者の苦悩は見ておく必要がある。

 

70点