読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

追悼【キャリー・フィッシャー(レイア姫)】。スターウォーズ第1作(4話)に確かにあった「何か」を考える。元旦那のポール・サイモン「時の流れに」を聞きながら献杯しよう。

1年前の今頃、全世界的に「フォースの覚醒」が話題になっていたのに。まさかレイア姫が60歳で去ってしまった。

 

若き姫がロボットにメッセージを託すところから映画は始まる。

美しさに加え、聡明さとキリっとした強さが絶妙なバランスで見るものを魅了した。

 

f:id:kudasai:20161228174520j:plain

SFXはあまり好きではないが、この1作目はほんと楽しかった。

こんなスカッとするSF映画はそれまで見たことがない。

 

www.youtube.com

しかし2作目(5話)以降はそうでもなくなって・・・具体的にはよくわからない。

1作目にあった確かにあったルーカスマジックを失っていく。

4~5作なんてもう退屈でしかなかった。

 

おそらく第1作には特撮技術の素晴らしさ以上に、ルーク・スカイウォーカーレイア姫ハン・ソロ船長の3キャラが、それぞれマーク・ハミルキャリー・フィッシャーハリソン・フォードのまだ若く、無名な3人の役者人生の懸けがスクリーンから熱量となって見れたんだろうね。

 

www.youtube.com

みんなオーディションでフィルムテストを受けてるんだね。

YouTubeはなんでバックステージの映像が沢山あるんだろう。映画ファンとしては貴重だけど・・・不思議だな。

www.youtube.com

当時はネットないから海外でヒットした映画を知るのはFMラジオか、スクリーン、ロードショー(現在廃刊)などの映画雑誌だった。

私が詳しくこの映画情報を知ったのは「ポパイ」か、音楽小僧のバイブル「ローリングストーン」(英語版)だったかな。

 

f:id:kudasai:20161228181418j:plain

仮装したやつらと、ビキニの若い女性(キャリー・フィッシャー)がカバーで何の映画かさっぱりわからないけど・・・写真は思いっきりアメリカン。

f:id:kudasai:20161228182131j:plain

カリフォルニアぽい突き抜けた青さがワクワクさせてくれたしポージングもユニークで日本女性はしないよね。

f:id:kudasai:20161228182244j:plain

少女ぽさと小悪魔が同居する不思議なセクシーさが漂ってたし

いかにも当時尖がっていた「ローリングストーン」フォトだった。

 

短い期間だけどキャリーの旦那だったのが、ポール・サイモン

この曲は彼女と出会う随分前の曲だけど、聞くたびに「昔の女」がキャリーとダブってしかたない。

www.youtube.com

 

世界中を夢中にさせる何かを

彼女は1976年のこの時、確かに持ってたね。

今夜はワインで献杯しよう。