読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画「葛城事件」 三浦友和・新井浩文・田中麗奈

ハリウッド洋画はスカッっとするか(5分後にはもう忘れているくらいの)

バカバカしいか、の2極分化でその落差は大きい。

それに比べてSFXでは」なくて、ジャリタレが出ない邦画は

3Kでなくても何とか落ち着いて見れる。

新しい才能発掘に立ち会っているような気分もある。

f:id:kudasai:20160723105244j:plain

ここ最近のダークサイドの三浦友和の活躍には興味があった。

ロクヨンはゲスト扱いなので別として)

また近年のいいドラマと映画でオーバーアクトを決してしない

新井浩文もいるし。

南果歩田中麗奈はよく知らない。

この2人を見たくて平日の最終日に見に行った。

地方都市のユナイテッドシネマは15人くらいかな。

これくらいが丁度いい。

f:id:kudasai:20160723105739j:plain

黒沢清も北野もそうだけど露出アンダーの絵作りがこの映画でも見れた。

この殺人が絡むとこの質感が実になじむ。

そして郊外の一軒家が主人公。

黒沢の新作でも家が舞台。

どうやら邦画界は隠れた一軒家ブームか?

日本の家族の崩壊の象徴の所以かな。

f:id:kudasai:20160723110016j:plain

あらすじ)

父親から受け継いだ小さな金物屋を懸命に切り盛りし、マイホームを手に入れ、妻の伸子(南果歩)と共に長男・保(新井浩文)と次男・稔(若葉竜也)を育て上げた葛城清(三浦友和)。理想の家族と生活を築いたと考えていた彼だったが、21歳になった稔が8人を殺傷する無差別殺人事件を起こして死刑囚になってしまう。自分の育て方に間違いがあったのかと清が自問自答する中、伸子は精神的に病んでしまい、保は勤めていた広告代理店を解雇される。やがて、稔と獄中結婚したという女・星野が現れ……

f:id:kudasai:20160723111341j:plain

田中麗菜も肌の露出なくイカレタ平和主義を演じ

果歩の薄幸感がよく出ている。

新井浩文のリストラ前後の行き場の無さ感、いい人感

不気味さが見事だ。

わがままガンコ親父であることはわかる。

次男が殺人者に、長男が優柔不断に、妻がYESウーマンに

なぜみんな従っているのか?

三浦友数のこころの闇が敢えて描かれない。

f:id:kudasai:20160723122506j:plain

また、回想シーンがA、B、Cくらいあって

突然やってくるのがAの時期か、Bなのかが一瞬わからない。

時制を把握させる努力を脚本がしていない。

これやられるとシニアはつらいよ。

平日暇な60歳以上が映画興業を下支しているのに

その辺りの配慮はしないとね。

 

70年代のTVドラマの最高傑作「岸辺のアルバム

では実に丁寧に家族4人が描かれ納得できた。

 

これと比較すると2016年の日本家庭が何とも救いのない

いっぱいいっぱいの状況かわかる。

 

80点