批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」

1996年が第1作目である。

その頃、日本はWindows95の直後でアナログ回線をモデムでつないで

インターネットに驚き、人類は世界が狭くなったことを実感した。

UFOの映像も凄かったが

f:id:kudasai:20160716204013j:plain

破天荒なウイル・スミスの飛行士

自ら戦闘機を操縦する大統領

とぼけた数学者

キャラが立ったアンサンブルが楽しかった。

あれから20年・・・・続編が公開された。

タイトルが気に食わない(日本語を使え)が
「フェイク」で居眠りしたのでラストを見なかった悔しさで

これはどうしても180度ちがうハリウッド大作を見る

必要があった。

f:id:kudasai:20160716204004j:plain

いやー第一作の面影など全くない

見事な出来損ない映画になっていた。

ウィル・スミス(的)がいないのだ。

グランドホテル形式で女性大統領、元大統領

防衛軍長官(元数学者)、イケメンパイロットと彼女

皆んな軽ーい

SFX映像がより精緻にパワーアップしたのはわかる。

突如、ニューヨークの人が車が飛行機が船が空に吸い上げられる。

だから何なんだ。

f:id:kudasai:20160716205232j:plain

金をかければ見たこともない映像を作るなんて簡単だ。

大きな仕事をしたと言えるかも知れないが

大きな感動を観客に与えた訳じゃない。

映画の至福が全く降りてこない。

予算はこの千分の1以下だろう同じ日に見た映画「フェイク」

からは随所に至福をもらった。

ハリウッドバカ映画などを選ぶ間違いをした自分の浅はかさ。

でも1作目を良かったのにね。

なんでだろう。

20年かけて脚本を書き、スタッフ・キャストを世界中から選び

この出来損ないぶり。

 

この間9・11イラク攻撃、シリア内線

ISの爆弾テロ、銃乱射、トラックレンタカーでひき殺される

世界共通の敵は国際テロリストである認識の下で

高度文明の宇宙人連れてきてもね。

 

2回攻めてきたが彼らは一瞬で滅んでいく。

2時間後に。

その余りのバカバカしさ。

 

時代と映画とのアンマッチが見ていられない。

アメリカ讃歌もいい加減にしろ。

 

0点