読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画「イット・フォローズ」

サクラ前線が開花しようとする金曜日の昼下がり

10人に満たない映画館でホラーを楽しむ酔狂が好きだ。

最近は公開終了がやたらに早い。

スターウォーズなんてのはまだやってるが

ホラーは特に早い気がする。

小心者なので滅多に怖いのは見ないが
「新感覚」「2015ベストホラー」「傑作」の文字に弱い。

見落としたと思ったら、東宝系から別系の映画館でかかっていた

ので俺がこの映画をフォローだぜと、「イット・フォロー」拝見

f:id:kudasai:20160318193208j:plain

オープニングがいいね。

痛そうな女子。

これはゾンビ系か? スプラッターか?

怖がらせる行為を見せずに
折れ曲がった結果だけ見せて作品を印象づける。

これだけでも新感覚だ。

カメラの構図や映像がやけに落ち着いていて

新人映画作家作品が持つアマチュアぽさがないのがいい。

そしてこの映画は大胆な省略に次ぐ省略で

イマジネーションは広がる。

冒頭のこの女性に何が起こったのか?

何故おこったのか?

本筋の伏線かどうかも、全くわからない。

そもそも伏線を回収しようともしない。

この姿勢が潔いのだ。

f:id:kudasai:20160318193216j:plain

物語)

美人女子大生ジェイは、交際中のヒューとカーセックスした直後、クロロホルムで眠らされ、目覚めるとどこかの廃ビルで車椅子に縛り付けられていた。  ヒューは「ごめん、悪気はないんだけど、自分を守るためにあることをやった。実はおれセックスすると幽霊が襲ってくる呪いに取り憑かれてたんだ。そんでこの呪いはセックスした相手に伝染していくから、呪いは今君に渡った」というようなことを言い出した。  そしてその証拠にと、ヒューがジェイの乗った車椅子を移動させると、自分の方へゆっくりと直進してくる全裸の女性の姿が見えた。どうやらこの女性こそが呪いの幽霊であり、感染者にしか見えないらしい。時に愛する人間、時に見知らぬ人間に姿を自在に変え、どこにいても突然現れるのだという。そしてこの呪いから抜け出すためには、誰かとセックスしてその相手に移すほかないという。

f:id:kudasai:20160318193202j:plain

初セックスした相手に昏睡させられ

車椅子拘束で、謎の呪いをかけられる。

この訳わからないジェットコースター感覚。

そして本人しか見えない、向かってくる謎の奴ら(IT)

f:id:kudasai:20160318193228j:plain

ヌードのお嬢さんから、老婆、屋上に立つ裸おやじ

他人に見えないから伝わらないもどかしさ。

f:id:kudasai:20160318193144j:plain

それ以後、ジェイは度々幽霊の襲撃を受けることとなった。 最初は信じなかった友人達も、次第に幽霊の存在を認め始め、なんとかしてジェイを助けるために協力するが、呪いの力は強大すぎた。 やはり行きずりの男に移すしか手はないのか…

 

淡々とITが次から次へとやってくる。

最後まで論理的には謎は解明されずよくわからない。

随所に挿入される

廃墟と化したデトロイトの街並みがリアルホラーだ。

 

チェーンソー振り回すテキサス男でもいれば

そこから逃げ切れば、めでたしめでたしなのだ。

エクソシストだって悪魔は去っていったのだ。

f:id:kudasai:20160318193136j:plain

敵は自分が性交渉で人に移さない限り

突然どっからでも何度でもやってくる。

こういうフラストレーション溜まるホラーを

インディーズとはいえアメリカ人が作るとはね。

もっとおバカと思っていたらなかなかやるな。

 

M・ナイト・シャマランというよりも

リアルホラーの天才・黒沢清の作風により近い。

 

慣れればクセになるだろう。

70点