読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

小説「キャプテンサンダーボルト」阿部 和重・伊坂幸太郎共著

今年最初に読んだ小説。

阿部 和重と伊坂幸太郎の本は初めて。帯が痺れる。

~世界を救うために、二人は走る。東京大空襲の夜、東北の蔵王に墜落したB29。公開中止になった幻の映画。迫りくる冷酷非情な破壊者。すべての謎に答えが出たとき、カウントダウンがはじまった。~

TBS土曜の何でもヨイショ番組の書評コーナーで絶賛していたし期待した。

ヤフオクで安く買えたので3か月掛かりで読んだのだが・・・

 

f:id:kudasai:20160218182658j:plain

何だろうこの軽さは。
ページ数が多く装丁は重いのに、かるーい感じ。

太平洋戦争中の歴史秘話を探る旅に関わる

人生とも、社会とも折り合いのつかない中年2人

謎に包まれた父親捜しの旅を続ける官僚の娘

主役を突如降ろされ汚名を着せられたアクション俳優

海外から来た謎の殺し屋

イーストウッドの映画「サンダーボルト」

など、サスペンス、ミステリー、映画ファンなら泣いて喜ぶ

舞台設定なのに、この出来損ないぶりはひどい。

f:id:kudasai:20160218191351j:plain

またマスコミのヨイショに騙された。

伏線は確かに回収はされる。

しかし伏線の先にある歴史の真実の大きな絵が

描かれないので感動がないのだ。

終戦間際の日本軍の秘密研究とは?

米軍はそれをどこで知ったのか?

殺し屋と、組織の正体は?

おじさん2人の心象風景にこだわり過ぎて

森を描かず、木も描かず。

10代のヤンチャ事件の影を引きずるつまんない大人の

友情の作り直し?小説となってテーマが広がらない。

 史実にフィクションを混じらせ

読書を唸らせるためには

背景をしっかり描かないとリアリティが現れない。

 

例えば歴史ミステリーの傑作と言えば

戒厳令の夜」(上・下)五木寛之

f:id:kudasai:20160218185445j:plain

作品に登場する組織、人、矜持、哲学が散りばめられ

納得出来るし、心を揺さぶられる。

その行為に「異議なし」と叫ばずにはいられない。

小説の世界観構築の凄みを感じざるを得ない。

これが本物の作家だ。

 

それに比べて・・・(比べる必要もないが)

大学生が初めて挑んだ歴史のびっくりポン小説か?

キャリアのある(読んだことないので知らないが)作家の共作が

が何だったのか?

明らかにそのキャリアに傷をつけたであろう

ライト・ライト・ノベル。

 

10点