読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画 「ブラック・スキャンダル」 ジョニー・デップ、ダコタ・ジョンソン

2月半ばでやっと今年最初の洋画となった。

ジョニー・デップの海賊映画とか見ないし

ティム・バートン物やディズニーの変てこなキャラクター

とか興味ないので映画館で見るのは初めてに近い。

 

クライムサスペンスが昔から好きで

ゴッドファーザー」「セルピコ」「フレンチ・コネクション

近年では「ゾディアック」「ドラゴンタトゥーが何とか」とか

所謂、SFXがないのがいい。

 

暗ーいリアルな現代劇が見たいのだ。

予告編見る限りはドンピシャで期待値は高かった。

f:id:kudasai:20160213004043j:plain

物語)

アメリカのサウスボストンで育ったジェームズ・バルジャーとその弟ビリー、二人の幼なじみジョン・コノリーは、やがてギャング、政治家、FBI捜査官とそれぞれの道に進んでいった。コノリー(ジョエル・エドガートン)はイタリア系マフィアの撲滅させるために彼らと抗争中のジェームズ(ジョニー・デップ)に敵の情報を流すよう持ちかける。FBIとの密約を利用し敵の組織を壊滅に追い込み、犯罪帝国を築くジェームズ。そしてビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)もまたジェームズの力を借り権力を握る。利害を一致させ手を組む彼らの関係は、アメリカ史上最悪の汚職事件に発展していく。

f:id:kudasai:20160213004148j:plain

幼馴染3人と言えばイーストウッドの「ミスティック・リバー

セリフは最小限、展開は早い、役者は上手い、無駄がない

完璧な映画はこういうことだろう。

映画はFBI捜査員と親友(上院議員)とその兄(ギャング)の20年を描くが

ジョニデが大問題。

デ・ニーロでもアル・パチーノでもマーロン・ブランドでもない。

凄んでみたところで海賊上がり。
何か鼻につく。演技が下手なのだ。

他の役者が自然なので余計に目立つ。

これが2時間続くと思えば最初から嫌になる。

それでも演出がスコセッジ級ならば、緩急自在に物語をエンタメに変えて

料理にしてくれるが・・・この監督にその力はない。

また脚本も下手。

FBI側、ギャング側共に組織を最初にキッチリ描いていない。

セリフで想像するしかない。

この省略が間違っている。

イーストウッドの無駄の無さはこれとは違う。

敵の敵が味方となって合体した時の、win-winの興奮がない。

したがってこの関係がほころぶスリルもない。

アホかいな。

せっかく男たちの挽歌がスクリーンに刻まれる所が

ジョニデの学芸会を見せられて、凡作にしてしまった。

f:id:kudasai:20160213004138j:plain

唯一の救いは、ジョニデの妻役、ダコタ・ジョンソンかな。

美しさに母性をプラスして、荒廃した男の世界に咲く白いバラとなった。

改めて、いかにイーストウッド演出が素晴らしいかよくわかった。

 

クライムサスペンスは難しいのだ。

人、家族、組織、犯罪準備、行動、破たん、愛など

バランスよく配置しないといけない。

 

この監督とジョニデはお子様映画でも撮ってろ。

40点