批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

ドラマシリーズ「贖罪」 黒沢清監督 小泉今日子、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴

 

 

 

1月はなかなかの作品が公開されているのだが
なかなか映画館に行けない。

アマゾンビデオの無料動画を何げに見ていたら

小泉今日子主演の「贖罪」という漢字が何故か目に付き

全5話と長いけど、そんなには期待していないので1話だけ見ることにした。

 

f:id:kudasai:20160204174238j:plain

説明・概要)
デビュー作「告白」文庫版が200万部を突破し、映画も大ヒットを記録した湊かなえの3作目の小説。連鎖する悲劇を5人の女性の視点で描き、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を描ききった作品は、またも世に衝撃を与えた。小泉が演じるのは、小学生の娘を殺された母・麻子。15年の時をまたいだ悲劇の中心で、周囲に激情をぶつけ、やがて運命に翻弄されていくひとりの女性を鮮烈に演じる。また、小学生のときに事件を目撃し、「償い」の思いを抱えたまま成長した4人を演じるのは、蒼井優小池栄子安藤サクラ池脇千鶴という演技派女優たち。4人がそれぞれの心の闇に翻弄され、悲劇を引き起こすまでを、どう演じていくかが大きなみどころ。そのほかにも、豪華キャストが集結し、迫真のミステリーを彩る。作品の演出を手がけるのは、『トウキョウソナタ』(2008年) 他、数々の作品で世界的に高い評価を得ている黒沢清監督。女性たちはなぜ悲劇を連鎖させてしまうのか、「贖罪」とは何か、作品が投げかけるテーマに挑む。

 

 第1話は蒼井優

黒沢のゆったりとした映画のリズムがここでも支配する。

会話が少ない。

説明しない。

言葉が重い。

1時間弱、先が読めないサスペンス

誰が何をしでかすか? 
これは見事だ。

トリフォーの映画「黒衣の花嫁」のジャンヌ・モローの不気味さ

を身に着けた小泉の女優魂に脱帽する。

小泉の娘を殺された、美しい中年女性の狂気のオーラに

支配される蒼井優の不条理劇。

f:id:kudasai:20160204174240j:plain

 

100点