批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

2015年1月~4月までに見た映画寸評

1月)

f:id:kudasai:20150908113344j:plain

・百円の恋 100点

プータロー女が自立するまでの痛快青春映画

ハリウッドバカ映画では決して味わえない

日本人にしかわからない切なさ、リリシズム。

安藤サクラの素晴らしさとしか言いようがない。

 

f:id:kudasai:20150908111509j:plain

ニンフォマニアックVol1 + Vol2 (ラース・フォントリアー) 60点

期待は高かったが、もったいぶった映像で「メランコリア」のような圧倒的な美しさがなくてシャルロッテゲンズブールファンとしては実につまらなかった。

 

2月)

f:id:kudasai:20150908111522j:plain

・劇場版 BiS キャノンボール2014 (カンパニー松尾) 80点

AV監督集団 VS 解散アイドル との不思議な交流を描く

前作の趣きはないが、おじさんの悲しさが随所に爆笑に変わる

素晴らしいドキュメンタリー。

松尾氏の劇場公開トークもあり頭の回転の速さと人柄の良さが

わかる。

 

f:id:kudasai:20150908111511j:plain

・アメリカンスナイパー (クリント・イーストウッド)90点

80歳超えて、どんな題材でも素晴らしい。毎年映画をリリースする早撮りの名手。

ダーティーハリーのように無駄な動きがないんだろうね。

サスペンス満載で疲れた。

一部に戦争賛美とかいう人もいるが、どこを見ているのだろう?

イーストウッド恐るべし。 

 

3月)

f:id:kudasai:20150908111513j:plain

・数に立つライオン(三池たかし) 0点

ラストシーンのバックにさだまさし(原作)の歌が流れ、長々と歌詞が物語を語り出

す。

この2時間の映像はいったい何だったのか?観客をバカにし、映画を台無しにした

センスの無さ。 

さだが数十年前に、自ら演出した映画「長江」を見た時も、これと同じ過ちをして

「この人、センスが全くない」とはっきり感じたことを思い出した。

だから三池が演出したのだろうが、またも最後にさだの歌をかぶせてしまった。

映画館で見る必要のない、感動押しつけの悪質映画。

 

4月)

 

f:id:kudasai:20150908111516j:plain

 

 ・イミテーションゲーム 60点

イケメン俳優カンバーバッチが開発する暗号解読器開発物語と恋愛模様。

前半は面白かったが、後半30分寝てしまう。

感動はない。