読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

映画「ナイトクローラー」

f:id:kudasai:20150907112850j:plain

2015年大作映画が続々公開される中で最高に面白いサマー映画。

今年公開でBEST3に入るかな。

主演ジェイク・ギレンホールが圧倒的にいい。

情けない犯罪者で、ストーカー体質のビデオジャーナリストで、冷徹無比なビジネスマン。

ロサンゼルスの街を駆け巡り、都市生活の暗部にビデオで切込み金を得る。

21世紀版「タクシードライバー」

時々こんな映画を公開してくれるのでアメリカ映画界は好きだ。

ロスを舞台にしているがハリウッド大作とは全く違う。

(でもこの手の映画は数週間で打ち切られるけどね)

f:id:kudasai:20150907113538j:plain

物語)

ロスの街で闇にまぎれて金網を盗もうとしている男がいる。彼の名はルイス・ブルーム。友達も家族もなく、孤独に暮らしている。ある時、交通事故現場を通りかかったルイスは、事件や事故のスクープ映像を撮ることを専門にしているパパラッチ、“ナイトクローラー”に遭遇する。ショッキングな映像はテレビ局に売れると聞いたルイスは、さっそく盗んだ自転車と交換に、ビデオカメラと無線傍受機を手に入れる。その夜から警察無線を盗み聞きし、車で現場に急行するように・・・

f:id:kudasai:20150907115015j:plain

 

金網盗みが、ビデオジャーナリストへ変化する孤独な男。

警察無線を聞きながら、警察よりも早く殺人現場へ急行する。

映画 ゾディアック』 の新聞社付きのマンガ家役が強烈に記憶に残るイケメン役者がとにかくうまい。ロバート・デ・ニーロの再来だ。

たまたま出会った交通事故から、仕事を見つけて成り上がっていく辺りの昂揚感の表現がいい。何を考えてるかわからない狡猾でクールな感じがたまらない。

夜の大都会が、リアルに描かれる。

f:id:kudasai:20150907114226j:plain年上の女性との恋愛模様を入れるとさらにキャラクターが浮き上がり面白くなったかも。

都会のスピード感とローカルテレビ局のニュースの現場が丁寧かつ反モラルに描かれサスペンス映画としてビジネス映画として、成り上がり映画として出色な出来上がり。

90点