批評サムライ  ~映画・ドラマ・小説・エンタメ ★斬り捨て御免!~

責任が何でも曖昧なこの国で娯楽くらいは白黒ハッキリ!大作も小品もアダルトも興業収入も関係ない。超映画批評にない「上映途中の居眠り」が特技。シネマハスラー・宇多丸氏やたまむすび・町山智浩氏のブログを見習って公開初日最速レビューを心掛け、評価は点数制。みうらじゅんとカンパニー松尾をリスペクトするフォトグラファーがお届けします。

ショート映画にドラマを学ぶ!「銀座ダイヤモンドシライシCM」(行定勲監督 大西礼芳、鮎川桃果)この輝きと生きていく幻想女とマリッジリングを買ってしまう男は多いな。

この秋、見たい映画が続いているのはいいことだけど 映画館に行く=仕事をしない 「世界の映像作家から仕事のヒントをもらってる」 などと写真学科の学生みたいに誤魔化していたが、権利収入のないフリーランスは基本、時給でなんぼ。 尻に火が付いてきたの…

映画「三度目の殺人」是枝裕和監督 福山雅治、役所広司、広瀬すず 誰が犯人か?よりも随所に張り巡らされたミスリード、記号、メタファー探しを楽しむ。

今月は見たい作品が多くて、3K(黒沢、是枝、北野)の2本目 ミステリーは、とりわけ法廷物は少ない観客と見るべきだ。 九州のど田舎シネコン、平日の21時、私を含め5人 最高のコンディションで是枝映画と向きあう。 あらすじ) 重盛は勝利にこだわる弁…

映画「散歩する侵略者」(監督:黒沢清 長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己)日常ホラーの帝王がSFでも半径50mの静かな侵略を成功させる。この不穏な空気を感じられる人は幸せだ。

「エイリアンコバなんとか」の出来の悪さが我慢出来ず 江戸のカタキは長崎で討つので、珍しく1日2本目となった。 いつものど田舎シネコンの、いつもの最上段右側辺りで 少ない観客と一緒に黒沢清の新作を見る幸せを どう表現したらわかってもらえるかな。 …

映画「エイリアン コヴェナント/コベナント」4DX2D 公開初日最速レビュー(リドリー・スコット監督、キャサリン・ウォーターストン・マイケル・ファスベンダー)無残な「プロメテウス」(2012)の失敗を超えれたか?ネタバレ有り

腐ってもリドリー・スコット 世界的人気ヒットシリーズの6作目の日本公開初日 これは仕事をサボっても見に行く価値がある。 野際陽子のシガーニーウィーバー吹き替えの緊張感が好きだったな。 www.youtube.com 3連休前の金曜日、午後0時スタートは1割入…

映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」試写会レヴュー(監督:廣木隆一 山田涼介、門脇麦)”東野圭吾史上、最も泣ける小説”が、こうも無残な出来損ないになるのか?

東野圭吾史上、最も泣ける小説とかいうキャッチコピーだが、直木賞獲った「容疑者Xの献身」しか読んでいない。 ちなみに小説にかかわらず本読んで泣いたことが一切ない。 ガリレオシリーズがドラマでは好きなので応募していたら試写会ハガキが届いた。 平日…

映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」監督ヨン・サンホ パンデミックゾンビ+韓国新幹線KTX=コリアン・ポセイドンアドベンチャーになれずに残念。

すっかり秋の気配の北部九州。いつものど田舎シネコンに向かうと金曜の夜なのにほとんど人がいない。明日9日から話題作(三度目の殺人、散歩する侵略者、ダンケルク等)が一挙公開なので少ないのか・・・ 上映中では見たい映画はこれしかなかった。 大スク…

映画「エル/ELLE」監督:ポール・バーホーベン 大女優イザベル・ユペールの快演を堪能する、うつの時代の、異常な寛容と快楽主義の不協和音が快感に変わる様を味わえる変態ドラマ

ハリウッド映画ばかりだと、一か八かで失敗作(マミーだの、ワンダー何とかだの)に当たる可能性が最近高い。 そんな中、ヨーロッパ映画で、「ピアニスト」のイザベル・ユペールだし、現代劇だし秋が始まる9月1日の映画の日にはぴったりだ。 もともとポー…

1年で一番自殺の多い9月1日問題。9月は「時任三郎」になろう。山田太一脚本の傑作ドラマ「ふぞろいの林檎たち」が今こそ輝く。”死ぬ気ならば、学校から、家族から、地域から逃げろ”と言いたい。【いじめ自殺防止のための共同宣言】

今月、ドラマ史上最も尊敬し、作品を見てきた脚本家・山田太一氏が病気療養中の記事が出た。”『男たちの旅路』『岸辺のアルバム』『ふぞろいの林檎たち』──テレビ史に残る多くの名作ドラマを生み出してきた脚本家・山田太一氏。久しく新作が発表されていない…

映画「ワンダーウーマン」公開初日レビュー (パティ・ジェンキンス監督、ガル・ガドット)DCコミック実写映画の典型で、女性戦士へ共感が出来ない、アクション偏重の残念作。

なんか最近のシネコンはハリウッドの漫画実写化のオンパレードで くも男、スーパー男、こうもり男 緑っぽい変身する男、機械のスーツを着たり・・・ 全くその手の嗜好がないので何がなんだかさっぱりわからない。 映画が楽しければいいのだが どの映画も頭の…

傑作映画シリーズ100本|No 003 「エクソシスト」ウィリアム・フリードキン監督 リンダ・ブレアー、マックス・フォン・シドー、エレン・バースティン 音楽:マイクオールドフィールド 44年前の体験は余りに強烈でいつ見てもその完成度に驚くばかり!

日本公開は1973年7月13日 もちろんインターネットはなく、映画の情報は専門誌の「キネマ旬報」「ロードショー」「スクリーン」などで、映画評論家が先に見てきた感想をメディア経由で知るしかない。 中学生ともなれば、友達と映画館行くのが大人への…

映画「彼女の人生は間違いじゃない」R15(瀧内公美、光石研、高良健吾、柄本時生、篠原篤、蓮佛美沙子 監督:廣木隆一)今こそこういう日本映画が本当に必要なんだと思う。

ふと今日は映画の日だと気が付き、名画座を調べると九州では本日公開の不思議なタイトルの映画が丁度いい時間で始まる。 しかし、気に食わない。 彼女の人生は間違いじゃない・・・主語+動詞+目的語 先入観を一切抱かせるな! 言いたいことは映画本編で言…

公開初日最速レビュー!映画「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」(トム・クルーズ、アナベル・ウォーリス、ソフィア・ブテラ)ド田舎シネコンをほぼ満席にするも、B級にさえなれない限りなく意味の無い大失敗作。

九州は暑い。こういう日はアクションに限る。評価できない作品があるものの、そこはトム・クルーズ印 毎年、出演作が途切れない人気はスターの所以。 この寂れたシネコンではシニア層も多くほぼ満席。 名前のせいか、CM量かは知らないが流石! 飛行機は墜ち…

映画「ライフ」のB級SFの快作!レベッカ・ファーガソン、ジェイク・ギレンホール、真田広之 監督:ダニエル・エスピノーサ リドリー・スコットの名作「エイリアン」スピンオフと思いきや、飛行士の使命感と人間性に焦点をあてた大ドンデン返しがお見事。

真夏日が続く暑い夜はホラーに限る。いつものど田舎シネコンに向かうと、夏休み前の3連休の初日 おそらくジブリ出身監督のアニメ目当てであろう チビッ子とファミリーでごった返す中一人ホラースクリーンに向かう快感。 あらすじ) 火星探査機を回収する任…

松居一代SNS劇場★脚本家大宮エリーや宮根誠司ら巻き込む。船越英一郎の個人情報と不倫暴露。YouTubeに続きTwitterで攻撃開始!精神疾患の妄想か?ブログのデスノートとは?息子は無事か?レベル石原真理子に近ずくか?

続々アップされる動画で、第三者の名前を(おそらく勝手に)出して巻き込んでいく手法は酷いな。 SNSを駆使した松居一代劇場が始まっている。ワイドショーが取り上げるので必然的に一方的な愛憎劇を見せられる。しかも無料ときたもんだ。 主演、脚本、撮…

映画「22年目の告白~私が殺人犯です」藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、平田満、岩松了 監督:入江悠

6回見ると1回サービスという東宝の囲い込み作戦に初めて乗ってみた。 どうも藤原竜也という人がつかみどころがなくて共感しにくいタイプなのだが他に見るラインナップではなかった。 九州の海辺のショッピングセンター併設のシネコン平日夜9時 20人くら…

中島史恵(なかじまふみえ)が49歳グラビア写真集「NOW and ALL」、DVD「49」で美熟女界NO1ボディを見せびらかせている

シェイプアップガールズ(正式にはUP)をご存じだろうか? 女性4人で歌って踊れて写真集やイベント、Vシネとか所属するオスカーの節操のないブッキングで何でもやっていた90年代を代表するグラビア界のハイエナ(例えは良くないが)だ。 4人の中でもっと…

映画「昼顔」(上戸彩・斎藤工・伊藤歩 監督:西谷弘)不倫映画のくせに元妻感無さ過ぎで、せめてドヌーブの脱ぎっぷりもなく、何ら見せ場の無い凡庸さにあ然。

この映画の予告編が海辺の夏のシーンが良かったので 上戸彩に、嫌な予感しつつも日曜の夜8時九州のど田舎映画館に出かける。 客は8人。実に見やすい。 3年前のTVドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」は面白かった。11話の尺が2組の夫婦4人の日…

【追悼と感謝】野際陽子★昭和ドラマ最高の女優はアクションからシリアスまで知性あるヨーロッパのセクシーさを見せてくれた!

70年代のテレビドラマと言えば サスペンス&セクシー部門は何と言っても土曜の「キイハンター」と シリアス部門では金曜の「岸辺のアルバム」共にTBS(後日まとめる) 丹波をリーダーとするスパイ組織がさまざまな敵をやっつける。 子供の私は何と言っ…

本年度最高の1本★映画「メッセージ」2回目完全ネタバレ解説(過去と思わせる未来は反則か?)

公開初日で見た「メッセージ」がこれまでのところ今年見たNo1だ。 ムビチケをラジオ局から頂いたので日曜18時九州の田舎のイオン内シネコンで6人くらいで見る。 初回では細かすぎて見落としていたものが多々あったのでセリフの隅々までしっかり見るこ…

今年公開の邦画のだらしなさに比べ「海街Diary」をアマゾンで動画配信で見るとまったりできていいな。是枝裕和「3度目の殺人」黒沢清「散歩する侵略者」北野武「アウトレイジ最終章」と3名人が公開される秋まで待つしかない。

「メッセージ」ような映画が毎月見れたら本当に幸せなんだけどね。 見たい映画がない。 朝、何気にアマゾンプライム見ていたらもう「海街」やってて2年ぶりか・・ 2回目の鑑賞だけど、macbookで留めたり動かしたりでセリフの細かいところまで確認できるの…

石田えり(56歳)祝アウトデラックス!ヘアーヌード写真集史上NO1から20年。RIZAP★ライザップCMのビキニ熟女臭が悩ましくも美しい。ダイエット・サーフィン水着動画流出?

祝アウトデラックス出演 若いな。姿勢いいし、存在感があってね。十分セクシーだ。 石田えりは特別な女優だ。 彼女のデビュー映画を公開前に確か試写会で見ている。 ずっと見てきたので人生の同期かな。 本名)内田 恵理子 生年月日)1960年11月9日 出生地)…

【ザ・ビートルズ世界同時発売】サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド50周年記念(スーパー・デラックス・エディション)CD+DVD+LP+Blu-rayなど解散してもビジネスで大儲け

1967年にLPレコード(当時はCDもDVDのなく、デジタル時代ではないので)が出て50年か? The Beatles – Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band – Anniversary Edition Trailer その間にジョン・レノンが殺され、ジョージ・ハリスン亡くなり、プ…

映画「メッセージ」公開初日最速レビュー!(主演:エイミー・アダムス 監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ)10年に1本の傑作。SFでありながら「子供=命=愛」を描き、UFOや宇宙人との交流が ”あなた” の物語になる。2回目がより感動する稀有なドラマ

「シン・ゴジラ」級に公開初日が待ちどうしかった。 アメコミとかのハリウッドバカ映画はストーリーも結末もあってないも同然。 見にいかないので関係ないが、この手のシリアスものは出来るだけ先入観無しでみたい。公開後はネットで一気にいろんな情報が溢…

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」公開初日最速レビュー!ケネス・ロナーガン監督 ケイシー・アフレック ミシェル・ウィリアムズ 登場する誰もが、少年も大人も、うつむき、うなだれ、傷ついている海辺の地方都市スケッチの謎

公開前の「傑作」の呼び声高く、大いに期待していた。 公開初日の18時半、九州のど田舎シネコンは見事に10人弱。 この映画館の魅力は、アート系がいつも10人弱で見れるので自由に座席移動ができること。 このポスターだけで、昨年見た映画ベスト10に…

樋口毅宏論、鞘から抜かれた切れない刀の趣を楽しむ稀有な作家「愛される資格」「日本のセックス」「民宿雪国」

久しぶりに樋口を読んだ。 病みやすいし楽しかった。 この人の文章は素直だから好きだ。 レトリック、修飾、メタファーとか基本ない。 欲望に正直になった主人公を応援せずにはいられない。 抑圧された小市民の復讐が彼に通底するテーマだね。 話はいつもシ…

文春砲「許されざる不倫」で妻・南果歩と娘・杏の「怒り」を買った渡辺謙は「沈黙の森」へ(ケイダッシュ&バーニングの内部リーク説も)は何故ダメージコントロールに失敗したのか?

渡辺謙これだけハリウッドに愛された日本人俳優はいないだろうね フィルモグラフィーを見てみよう。 2003年公開の「ラスト・サムライ」 お前は英語の教師か?というくらい流暢なアメリカン英語を江戸時代に殿様が一体誰から習ったんだ? それくらい見事…

映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(ルパート・サンダース監督 スカーレット・ヨハンセン、ビートたけし、桃井かおり)は、押井守監督版「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」士郎正宗原作を超えたか?

「キングコング」以来やっと映画の日に見に行けた。GW中の平日、いつもの九州ど田舎シネコンの18時台に約10人。こんなもんだろう。 本当は「夜は短し歩けよ乙女」を見に映画館に向かっていたが間に合いそうもないので急に変更。 この手のアニメ(エバ…

修羅の国「福岡」住みですが何か? 「3億8千万強盗事件」とサッカーくじ「BIG」CMのシンクロの不思議さ。

時々言われるのが「福岡、何かと物騒ですよね・・・」 おそらく日本で唯一の特定危険指定暴力団・工藤会(北九州市)が悪さしてたイメージであるのでね。これは仕方ないけど福岡市は100kは離れているし(新幹線で20分)若者カルチャーの発信地だし文化度が…

傑作映画シリーズ100本|No 002 「ゲッタウェイ」サム・ペキンパー監督 スティーブ・マックウィーン、アリ・マクグロー暴力をスローモーションとストップモーションで描くセンス

映画館には行く時間はないので最近はBSをよく見る。CMあるとどうしてもリズムが狂うのでNHKオンリー。 今日の昼はペキンパーの「ワイルドバンチ」(1969)ではないか。 もうオープニングタイトルのカッコ良さといったらね・・・詩的過ぎる。 The Wild…

映画「キングコング 髑髏島の巨神」70年代時代背景の面白さとCGの出来の良さに比べ、雑な演出にガッカリ!トム・ヒドルストン、サミュエル・L・ジャクソン、ブリー・ラーソン

「キングコング」関連作の日本公開はこれまで10本近くある。その話題作といえば 1933年(初代) 1976年(ジェシカ・ラング版とも言う) 2005年(ナオミ・キャンベル版) 1962年 東宝版 キングコング 対 ゴジラ B級感が異常に漂う忘れられた関連作もある。 19…